忍者ブログ

獣の仕業のしわざ

劇団獣の仕業のブログです。 日々の思うこと、 稽古場日誌など。

流星街、いや流星待ち。

こんにちは小林です。
噂によると、今日は東の空に流星が見えるそうだ。是非とも見たい。
昔、と言っても7年前だが、修学旅行でオーストラリアに夏、行った。こちらが夏でも向こうでは日本の11月頃にあたり、寒かった。でも、満天の星空というものを生まれて始めてみた。ミルキーウェイだってあった。流星も、チュッチュって流れまくっていた。細かい線がチュッチュって。
本当に感動的だった。充足。
ただ惜しむらくは一緒にファームステイしていたのが男子学生だったこと、そしてファームのホストのおっさんがその満天の星の下、引きちぎったであろうカンガルーの足を笑顔で持ってきて「これを食ってあったまるぞ」と言っていたこと。
まったく、牧場主というのは、想像と違っていた。白く長いヒゲ、樫の杖を持ち、さながらガンダルフが牧羊犬と共に丘に上がる。そんなもんだと思ったら、実際は羊を蹴飛ばしていたりしていた。あれはショックだった。心の中で何回「ストッピット」と言ったことだろう。俺が勝手に美化していたのか、文化の違いなのか分からないけど、でもやっぱ欧米人は動物を物として扱う、itの意味が分かった気がした。

まあ一概には言えないのだろうけど。

結局オーストラリアで一番美味だったのはコーラとオペラハウス付近にあった中華料理だった。そこは舌の違いだ。チンジャオロースにチャーハン。
でもビーフジャーキーは美味いのだ。美味かった。お土産で持って帰って一人で平らげてしまった。しかし、かつてモアはどの辺りに居たのだろうか。アボリジニーにはついぞ会えなかった。

オーストラリア話は、まあ尽きることはないのだけれど、夏にあの寒さを経験したってことから、寒い夏の日には、いつもあの修学旅行を思い出す。

さて、流れ星はまだかしら。
ハンターハンターの発売もまだかしら。
PR

時をかける少女を観た。

こんにちは。小林です。
今日は「時をかける少女」をとうとう観た。細田守監督のアニメ。エヴァンゲリオンの貞本義行がキャラクターデザインを担当しているのだけど、明らかに画風が違う。細くなったというか統一されたと言うべきか。
内容は、筒井康隆の原作の20年後の世界を舞台にしている。原作のヒロインが「魔女おばさん」として登場している。映像とかCGがめちゃくちゃ凝っていて、新しい映像を体感した気になる。だけど、なんだかキャラがそれぞれ弱い感じがして、薄っぺらい印象を持ってしまいました。
んー。期待し過ぎていたのかなあ。パプリカやアキラ以上に会えない。というか、これは完全に嗜好の問題です。
しょうがない、ロミオの青い空を観よう。こころのぶるーすかーい♪
簡単ですが、本日はこんなとこで。
おやすみなさい。

秋が好き。

小林です。
秋はいいですねえ。
天高く、深い青空。こんな空ならずっと見ていたいですな。あー。秋はいい。冬も好きだなあ。春の始まりも好きだなあ。夏はあまり好かんなあ。脱いでも脱いでも暑いからなあ。
あー。秋はいい。金木犀。彼岸花。彼岸花、一番好きな花だ。花言葉は「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」らしい。ウィキペー調べ。
へえ、初めて知った。
ふう。いい空だばだ。

かかりつけ

雨、すげえです小林です。
こないだ、歯医者に行ってきました。かかりつけの歯医者です。そんで、この歯の痛みの原因が分かりました。虫歯。虫歯でした。前に行った歯医者がヤブということが見事に証明された訳です。レントゲンまで撮って「ほら、虫歯なんてありませんね?」と言っていたのに、これはまさしく、てらわろす。ですが、歯ぎしりをしていた事実のようで、要するに虫歯のところ、歯ぎしりをしたせいで痛みが最上級になったのです。これは痛い。
結局、さすがはかかりつけの歯医者、ちょちょいのちょいで治してくれました。いやあ、この医者はいつ来ても適切だ。素晴らしい。痛みはもうない。
まあ、そのちょちょいのちょいの間には左手を挙げるべきか否か、何度も迷わされたものです。というかあれは、どこまで痛かったら挙げていいのだろうか?「もう耐えられない!」となるまで耐え続けなければならないのか。中学生の時「痛い」と左手を挙げたら「そうですか痛いですか」と言われただけで、そのまま削り続けられたことがある。ぎえー。
いつまで経っても左手を挙げる意義が分からない。
あー。今日は酒を飲んだので足がだるい。風呂に入って寝ます。

taifu-ikka!!

ごきげんよう、大久保です。
本日は見事なまでの台風。台風が来たり雪が降ってくるといまだにわくわくしてしまう小学生のような私は、朝早く起きて、どしゃどしゃと鳴る雨と窓の音をしばらく聞いて満足して「よし!」とおもって二度寝。
昨日、会社の上司からは「台風が酷ければ自宅作業でも構わない」と言われており、2時間後起きて、電車の状況を確認。JR全線運転見合わせよぉぉぉし!再び就寝。
それから昼頃起きてもさもさと作業をしておりました。こういうとき私の業種は助かる。もしわたしがマルイさんのショップ店員だったら自宅作業と言うわけにはいかない。台風であろうと、たとえ吹雪であろうともマルイさんがオープンするならば出勤せねばならない。自宅でいらっしゃいませと言っていてもまあどうにも。
しかし昔千葉に住んでいたときはこうわくわくもしておられず、自分の家の周囲がみずうみのようになることも多く、それは次の日になってもそのままで、だから出かけるとなればみずうみのなかを自転車でゆくしかなかった。
みずうみをゆく自転車と台風が去った後のぬるりとした真っ青な晴天。あしたもそのような晴れ空になるでしょうか。