忍者ブログ

獣の仕業のしわざ

劇団獣の仕業のブログです。 日々の思うこと、 稽古場日誌など。

けだものだもの

秋も深まり、木々も紅黄に染まる季節になりましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか。
団員の藤長でございます。

そして、いつのまにかブログがすっかりこばやし色に染まっております、す、すいません書いてなくて。
世間様の目に怯える隠遁生活、暗い部屋で一人画面に向かって一日一行書いては消し、一行書いては消し、を繰り返していたらいつのまにか夏が過ぎ秋が来てしまった、という、そんな悲しい物語があったかどうかはさておき、遅筆かつチキンの私にとってブログを書くというのは実はけっこうな難業であります。

みなさまに読んでもらえるかな、へんなこと書いてないかな、へんなこと書いてみなさまに嫌われないかな、という怯えのもと今もこうしてPCの前で固まっているのでありますが、二日にいっぺんの更新速度をたもつべく導入されました当番制の下ではそんな甘ぇこたぁ言ってらんないワケでして。気づいたら携帯に団員からの催促メールが10通も来ておりました。すみません。埋まります。うわーん。

と、まあ泣こうが喚こうが舞台の幕は待ってくれませんので、気を取り直して昨日のお話など。

今週土曜はメンバー全員で、先輩劇団さまであります『母子ともに健康』さまの舞台「いいことをする」を拝観劇いたしました。
「いいひと」が「いいこと」をしすぎて暮らしにくくなった「ウエノヒト」が「わるいひと」に「わるいこと」をさせて宇宙のバランスを保とうとしたら・・・という。観終わってから善とか悪とかライトとかレフトとか偽善とか偽悪とかあんたのためとか自分のためとか、男と女の間に流れる天の川とか宇宙の始まりとか終わりとか、そんなことを考えて少し熱を出しました。知恵熱。すべからく「いいことをする」てのは自己満足なのかもしれず、「いいことをする」つもりで「わるいことをする」こともあり、小さな親切大きなお世話、でもしない善よりする偽善、なにが正義か真実か、わかりませんがともかく夢中で見てました。『母子ともに健康』さまが今後とも母子ともに健やかにご活躍されますよう、陰ながらお祈りもうしあげます。

ほんとうはもっともっと書きたいことはあるのですが時間切れ、尻切れトンボで申し訳ありませんが、この続きはまた次回に。かしこ。

PR

本当に大切なんだなあ。歯。

小林です。こんにちは。
昨日の昼、歯のあまりの痛さに耐えかねて、昼、近くにある歯医者に行きました。初診初診。歯医者は意外に空いていて、「ラッキー」と思う。問診票を書いていざ検診。医者に「虫歯が痛い」と伝えると「なぜ虫歯と分かるんですか?」と返される。その言葉の裏には「素人のくせに自己診断なんてするな」という言葉が窺える。というよりこの医者、最初っから「んんんんん?」と思っていた訳です。看護士にネチネチと説教をしている声を耳にしたからで、「うあーだから空いてんのかあ」なんて、気付く。んで彼曰く、僕のこの痛みは歯ぎしりが原因らしい。彼はまるで新しい学説であるかのように、そう告げた。ただの歯ぎしりなのに。彼は窓から外を見ながら「これは歯ぎしりだろう」と言った。金縁眼鏡を中指でクイッと上げて「これは歯ぎしりだろう」と言った。ただの歯ぎしりなのに。彼にとってみたら、これこそ医者の優越感だと言わんばかりだ。「虫歯が痛いよー」とやって来た素人に「これは歯ぎしりだろう」と言い、凡人と医者の違いをまざまざと見せつけてやる。そう
、彼は歯医者。デンタルヘルサー。白き悪魔。キュイーンって音で否応もなく誰もに左手を挙げさせる。幼稚園の交通安全指導なんかよりよっぽど効果がある。「道を横断する時には手を挙げてー」キュイーン。サッ。
でもなんだかんだこの医者、本当のことを言っているような気がする。歯はエメラルド程の硬度を誇るエナメル質で構成されて、そう簡単に壊れ剥がれるものではないという。そこで「歯ぎしり本(仮)」を読むにつき、その硬度の顎の力は、男性だとそのパワーが150kgにもなるらしい。それ程の力がかかると、歯のエナメル質は磨耗し、果ては斧で竹を割るように、自分で自分の歯を割ってしまうのだそうだ。おーこわ。
とどのつまり、私の歯は磨耗し、第二のエナメルの層が露出しているらしい。「ほら、歯きらきらしてるでしょ」と彼に言われ「あら、いいこと」と思うが、彼は容赦なく「第一の層が磨耗してるんだよ」と続ける。おーこわ。そして彼は最後に「治療をあなたが望むなら治療をする」と言ったが、「治療して欲しけりゃしてやるよ」に聞こえ、断り、去る。地元のかかりつけに見てもらうことにする。3000円は痛かったが、歯ぎしりをしている可能性を与えられただけで十分だ。
歯ぎしりの原因を調べてみると、どうやらストレスが原因らしい。現代社会にはよくあることらしい。そういえば今年になっていつからか、朝起きると口の中を切っていることがある。血の目覚め。オハヨー。
かくして昨日の夜は歯ぎしりをしないように唇で歯をむっと覆って寝る。耐えきれずプハー。zzz。
ではまたいずれ。


こんにちは小林です。
昼休み。虫歯が昨日できてジンジンする。これは痛い。今日仕事の後に歯医者行こうと思ったけど定休日だ。あー痛い。昨日は歯が痛くて寝たのか寝てないのかよく分からないまま夜を過ごしたのだ。ば。食欲減退。歯って大切だなあ。
以前親知らずをぶち抜いたことがあって、寝てる間にずっと血を飲み続けて、寝起きの最悪なこと×2。喀血吐血。血の果てに悪臭。歯って大切だなあ。歯が痛い。
そんな休み明け。天気はいい。気分は優れぬ。悲しみの果てに何が待ってるか。それは治療。歯医者の笑顔。
今回は短く。見られるよりも見せる方がいい。なんて思ってもややん。タリバン。タリババサイババ。無は贅沢だろう。僭越だろう。満更ではない。
腹、減りましたの。食事行ってきます!ではまた。

シルバーウィーク最終日

こんにちは小林です。
どうやらブログというものは、少なくとも2日に1回は更新をしなければならないという情報をキャッチしたので、そんなペースで更新していきます。よ。
またコメントがついてた。が、ふじなが。団員の、ふじなが。メールでよくねえか?と思う。身内色が濃くなりそうでエマージェンシー。が、何もないよりはいいかも。でもエマージェンシー。いや、コメントより更新を。そうだそうだ。これ、小林の日記だ。きっとこれ。
シルバーウィークは今日でおしまい。なんとも贅沢な、棚ボタな休暇だった。次は6年後。30歳になった自分は次の連休をどう過ごすのだろう。
と、この間ある人からミクシーに誘われた。高校の時からブームになっていて、今に至る。が、基本的に天の邪鬼だから、ブームが終わったのちにひっそり始めて「小林の小さな林日記・ケヤキ編」と題してひっそり更新しようと思っていたのに、まだ衰えんのかブーム。ニックネームを決めなきゃいけない。「ケヤキ」にするか「ブラビア」にするか、それが悩み所だ。
アヒルからペンギンプルペイルパイルズのDVDを貸してもらって観た。アヒルからペンギンを借りた。タイトル「不満足な旅」。今まで観たことない芝居だった。いや、そりゃ観たことのない劇団だから観たことないっちゃないんだけど、だけど、今まで観てきた芝居のどの属性でもなかったから、新しい体感だった。なんだろ、新しかった。宮崎吐夢がいてくれたから完全アウェーにならなくて済んだ。でも観ている内に、若干感情移入をしてきた。でも、うん。新しかった。面白かった。うん。ちっちゃい衝撃を受けた。でもその後なんとなく野田の「パイパー」を観たら若干安心をしてしまった。ケヤキの世界は狭いのか、ブラビアの世界は薄いのか。それが問題だ。ニックネームもどうしようか。それも問題だ。長いものには巻かれろ。それは正解だ。たぶん。
虫歯ができた。左側の下。あと左の肩がやけに凝るわ指が時々しびれるわで、最近、眼もそうだったけど左半身がなぜか不調。ん?まさか、この症状はまさか!第三のビリーバンバンが覚醒しようとしているのか!この体から!にょきにょき!ぎゃー。ぎょえー。ビリバンバンビリバンバン!
んなこたあない。まあ、歳だ。そうに違いない。
では、またいずれ。