忍者ブログ

獣の仕業のしわざ

劇団獣の仕業のブログです。 日々の思うこと、 稽古場日誌など。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【盗聴折り込み情報】群青アパートメント「キャラメルマキアートを卒業」




雪です。
そんな雪の中江古田「兎亭」で現在上演中の群青アパートメント「キャラメルマキアートを卒業」こちらの公演に獣の仕業「盗聴」のチラシを折り込みさせていただきました。

雪の日に観劇、いかがでしょう?
11/27まで上演しております!

群青アパートメント5畳『キャラメルマキアートを卒業』
11/23〜11/27 全9ステージ
at 江古田兎亭

ホントの珈琲は、苦くて、甘かった。

ご予約はこちらから→
https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=a7b8b0e023&s=&

本公演に関するお問い合わせは「群青アパートメント」様にお願いいたします。
PR

獣の仕業第十一回公演「盗聴」[The Play] 予告編動画がYouTubeで公開されました。

獣の仕業第十一回公演「盗聴」[The Play] 予告編動画がYouTubeで公開されました。
これまでの獣の仕業の作品のどれとも違うような雰囲気に仕上がりました。
ご来場予定されている方もご来場検討中の方も「獣の仕業ってなに?」「どんな芝居をするの?」という方もぜひご覧ください。

目を離すと色々見逃すスピード感溢れる予告編です。
まばたきなし推奨です。

さて、薄々勘づいていた方も多いと思うのですが、予告編も公開してしまったのでそろそろ白状します。

今回の獣の仕業 第十一回公演「盗聴」[The Play]

いつものような全編シリアスの作品ではありません。

獣のコレまでご覧いただいたような熱量や切実さやシリアスタッチもそのままに、獣の仕業がこれまでの履歴を賭けて全力で遊びつくします。

獣の仕業の新境地は捨て身のリアリティ
これこそが「The Play」!



獣の仕業 第十一回公演

盗聴 [The Play]

日程:2017年1月14日(土)15日(日)
開演時間:
14日(土)15:00/19:00
15日(日)14:00/18:00
会場:吉祥寺櫂スタジオ
料金:2,000円(前売・当日同料金)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)
※ リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます。
※ 上演時間:80~85分予定

チケットご予約Webフォーム

作・演出:立夏
出演:手塚優希 小林龍二 きえる 雑賀玲衣 田澤遵 中野皓作(人体色彩画廊I'NN)
照明:伊藤将士 音響:阿部健司(MUGEN☆PROJECT)

盗聴稽古場日誌:11/19


スーパー愛され女優手塚優希が帰って参りました。

 立夏です。
 この日は荒通し稽古前日ということで気合いを入れて参ります。

 「劇団ゴールデンタイム!」の本番を終えた手塚優希が稽古場に帰ってきました。さっそくみんなからの熱い洗礼をうける手塚さん。
 ついに稽古場に全員集合です!


熱い先例2


熱い先例3(そしてこれが初の全員集合写真となる)

 明日の荒通しに向けてまだ稽古していないシーンをどんどこつけていきます。
 主演が戻ってきて話の骨子が見えてきていい感じ。

 手塚さんは稽古場のムードメイカです。

 稽古後は明日の通しに向けて&はじめて稽古場に全員揃ったぞ記念ということで久し振りに酒の席へ。作品のことや芝居作りの話もしつつ基本的には親睦会。
 
 がんばるぞー。


獣の仕業 第十一回公演

盗聴 [The Play]

日程:2017年1月14日(土)15日(日)
開演時間:
14日(土)15:00/19:00
15日(日)14:00/18:00
会場:吉祥寺櫂スタジオ
料金:2,000円(前売・当日同料金)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)
※ リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます。
※ 上演時間:80~85分予定

チケットご予約Webフォーム

作・演出:立夏
出演:手塚優希 小林龍二 きえる 雑賀玲衣 田澤遵 中野皓作(人体色彩画廊I'NN)
照明:伊藤将士 音響:阿部健司(MUGEN☆PROJECT)




盗聴稽古場日誌:11/12,11/13


全国三点倒立ファンの皆様、ご無沙汰しております。「盗聴」の三点倒立の人です。

 立夏です。
 アラサー集団獣の仕業は今週も元気です。


アップです。

 今更ながら、獣の仕業の稽古場で「名前鬼」というシアターゲームがブームです。
 有名なシアターゲームのひとつですが、獣がお世話になっている劇団だと小林が客演させていただいていた「マクガフィンズ」という団体でルーティーンになっていて、そこで教えて貰ったのがきっかけでした。それが今から5年くらい前…

 五年の時を経て、ブームです。
 楽しい。楽しいんです。

劇団によってパターンはいろいろあるそうなのですが、私が知っている限りの標準ルールはこんな感じです。
  • ベースは「鬼ごっこ」
  • タッチされそうになったら「鬼をやっている人」「自分」以外のメンバーの名前を呼ぶ
  • 呼ばれた人が鬼になる
  • 1~3の延々繰り返し
  • 名前を呼ぶ前にタッチされたり「鬼」「自分」の名前やその場にいない人の名前、あるいは「わー」「きゃー」などの断末魔しかあげられなかったらアウトです
 要は「目で見る」ことが重要な鬼ごっこに対して「耳で聞く」ということも追加したようなゲームです。
 自分がタッチされそうになったときに呼んだ名前の人が、鬼より更に近くにいた何てパターンがよくある失敗例。

 楽しいし、短い時間でもできて、集中力も高まるので使い勝手がいいです。
 マクガフィンズさん、ありがとう。ずいぶん前に教えていただいたのに今頃流行ってて「何をいまさら」って感じですね……。


追いかけ回すのはやめて、稽古を始めなくては。



 今週は初回通しまでラスト3とラスト2、やっていないシーンをガンガン立てていきます。

 個人的には今週の稽古はとても有意義でした。
 本番も見据えた話が座組同士でできるようになってきました。

「これは芝居はいいんだけど、この前のシーンがこうだからさ…」
「全体の構造として、このシーンはなんのためにあるんだ?」
「それはね…」
「ここはこんな風に見せるシーンにしたいんだ。なぜなら…」
「…ああだこうだ」
「ナンタラカンタラ…」

 意見がぶつかることも当然あります。でもそうやって本当に納得いくモノに近付いていけるという実感があるからそれが本当に「楽しい」です。

「もっとすごい演出家さん達は、もっとスマートに最短距離で核心にせまっていけるのだろうな」とも同時に思いつつ、私は(私たちは)一個一個壁にぶつかりながら進んで行くしかないんだろうな…という心境です。できることは全部試して、やれることは全部やって。

 あーでもない、こーでもない。

 壁だ、と思った瞬間に思うことはたくさんあります。
 高いな、怖いな、とか。
 でも壁を避けない。壁に接近する。

 それが演劇の、生身の表現の醍醐味かな。と思ったりします。

 あら、まじめなことを書いてしまいました。
 最後に不真面目な写真でも貼っておきましょう。


稽古場写真では珍しいツーショットです。タイトルは「原色愛好家たち」


 ではまた! ヌンヌン!


獣の仕業 第十一回公演

盗聴 [The Play]

日程:2017年1月14日(土)15日(日)
開演時間:
14日(土)15:00/19:00
15日(日)14:00/18:00
会場:吉祥寺櫂スタジオ
料金:2,000円(前売・当日同料金)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)
※ リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます。
※ 上演時間:80~85分予定

チケットご予約Webフォーム

作・演出:立夏
出演:手塚優希 小林龍二 きえる 雑賀玲衣 田澤遵 中野皓作(人体色彩画廊I'NN)
照明:伊藤将士 音響:阿部健司(MUGEN☆PROJECT)


盗聴稽古場日誌:11/3, 11/5, 11/6


これはなんの稽古…? いやいや、ちゃんと本編の稽古なのです。

 立夏です。
 11月に入り獣の仕業「盗聴」もいよいよ本稽古開始。
 まずは11月下旬の「粗通し」に向けてどんどこシーンを作っていきます。

 (粗通しとは初回通し稽古のことを指すようです。粗めの通しで粗通し)
 (粗通し…、荒通し?)

 今週は今までずっとスケジュールの都合で稽古場で会えていなかったこのふたりがやっと出会いました。



 手塚優希さんと中野皓作さん。



 久し振りの再会に喜びもひとしお?


 祝日があり獣の仕業の稽古はいつもより一日多めの週3回。
 こういう週はいつもより稽古にもエンジンが掛かります。
 集中して稽古、稽古、稽古。

 結果、今週で脚本上のシーンの半分以上がざっくりできあがりました!

 この「ざっくり品質」と実際の「本番品質」との間には天と地の差があるのですが…

 進捗0%から進捗50%にするのと、進捗50%から進捗100%に仕上げるのって、同じ50%分の進捗なのにかかるコストが倍以上だと個人的には感じているのです…。

 とは言えとにかくやるのみです。
 今できる最大の芝居を求めてどこまでも…。


 チケット発売が開始しました。以下のリンクから当日精算券がご予約いただけます。
 席の予約にあたります。自由席です。




獣の仕業 第十一回公演

盗聴 [The Play]

日程:2017年1月14日(土)15日(日)
開演時間:
14日(土)15:00/19:00
15日(日)14:00/18:00
会場:吉祥寺櫂スタジオ
料金:2,000円(前売・当日同料金)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)
※ リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます。
※ 上演時間:80~85分予定

チケットご予約Webフォーム

作・演出:立夏
出演:手塚優希 小林龍二 きえる 雑賀玲衣 田澤遵 中野皓作(人体色彩画廊I'NN)
照明:伊藤将士 音響:阿部健司(MUGEN☆PROJECT)