忍者ブログ

獣の仕業のしわざ

劇団獣の仕業のブログです。 日々の思うこと、 稽古場日誌など。

【盗聴本番直前連載】出演者紹介その6:中野皓作


ようこそ、獣の仕業へ。

 立夏です。
 さて、獣の仕業「盗聴」[The Play]上演まであと2日です。うーん…逆に実感が湧かなくなってきましたね。

 先日から「本番直前連載」と銘打って出演者紹介をはじめました。上演初日前日までに全員紹介しきる所存です。五十音で紹介しついに今回が連載最終回です。まずはバックナンバーのご紹介。

 まずはバックナンバーの紹介です。 それでは最後のエントリーはもちろんこの方。獣の仕業客演最後の砦(と今勝手に名付けました)、屋号が人体色彩画廊I'NN、東横INNじゃないほうの中野さんです。声出していきましょう。



 彼は獣の仕業初客演です。獣界隈のSNSや私個人のBlogに頻繁に登場するので「今更初客演なの?」と思う方もいるかもしれません。
 
 中野さんと私たちの出会いは今から三年以上前、手塚優希が客演したとある舞台で彼と共演したことに遡ります。その頃はつまり手塚以外は彼のことを知らない状態でした。
 しかし手塚さんのおしゃべり能力の低さを証明するダメスキルのひとつ「その場の誰も知らない人の話をずっとする」が頻繁に獣の稽古場で炸裂、獣メンバーはご本人に会っていないにも関わらず彼の名前だけ知っているという無意味な状態が数ヶ月続いたのです。
 主にそのスキルの煽りを食っていたのが私で、あまりに苛立ったあるとき私は手塚に「頼むからもうその誰かわからない中野って人の話は二度としないでくれ」と注意したことがあります。あの頃の私は今より数倍器が小さかったのです。
 
 とはいえ、そこで繋がった縁から獣の団員たちは散発的に彼と直接出会う機会を得ます。そこで「わあなんか中野さんの芝居はいいなあ」という空気がメンバーそれぞれに充満しました。



そこからの獣たちはまあゲンキンなもので、
 
りっか「中野さん、獣出てくださいよ」
なかの「私客演はもうしないことにしてて」
りっか「えー」

こばやし「中野さん、獣の団員になってくださいよ」
なかの「私主宰だよ」
こばやし「ええーまじかよー」

 彼が出演したいと言ってくれたのが獣の前回公演「瓦礫のソフィー」を見た直後です。
 
なかの「私、獣出たいのだけど」
けもの「えっ」
なかの「獣に出れるように自主稽古を始めます」
けもの「ええっ」



 そういって、彼は何故か三点倒立をはじめました。



 獣の仕業には舞台表現として前転と後転と側転はありますが三点倒立はありません。なにが彼を突き動かすのでしょう。困惑。しかしそれを止めることは誰にもできませんでした。


 
 ありがたい。それがなによりでした。
 
 三点倒立は今ではライフワークになったようで、稽古場でもたまにやっています。本当に自由と愛嬌の化身だと思います。


 
 そうなのです。自由と愛嬌の化身です。自由と愛嬌を鍋で五時間煮詰めたような男です。
 一緒に稽古をする前までの印象は「しっかりとした考えをもった大人のお兄さん。そして背が高い」という感じだったのですが数ヶ月一緒に稽古をしていると「自由と愛嬌の化身男子」が正体だと確信しています。


 
 特に小林田澤とはしゃいでる姿は一年前からは想像もつかず「どうした中野」という気持ちで女性陣は彼を見つめていますが男性陣は楽しそうです。ほんと、男子の気持ちって全然分かりません。


 
 長い割に全然俳優紹介になっていないので最後に褒めておきます。
 
 俳優中野皓作のファンは星の数ほどいると思います。「中野さんの俳優としての魅力はなんでしょう」とそれぞれの方に伺えばひとりひとりが違ったお答えをされるでしょう。
 
 それは百も承知の上で、私の主観で断言します。

「これまでで一番、私が面白いと思う中野皓作です」

 根底の孤独感とかそこから来る繋がりへの切実な欲求とか矛盾が矛盾しない混迷した感受性とか喉に砂が詰まったような声とかあるいはそれ以外の──・・・

 この辺にしておきます。続きは劇場で体感してください。どうぞ。

※ 本エントリーは少々事実を脚色しているところがあるかもしれません。かなり昔のことなので、はい。




 まだまだご予約受け付けております。
 回によっては残り僅かですのでご観劇予定がおきまりの方は、ご予約フォームからご希望の回のご予約をオススメいたします!

残席状況(1月12日 0:00現在)

1/14土
15:00…△ --> 特に残席僅少です。お早めに!
19:00…○
1/15日
14:00…△
18:00…○
○…残席あり/△…残り僅かです
※全ステージ増席いたしました。皆様のご予約心よりお待ちしております。


獣の仕業 第十一回公演

盗聴 [The Play]

日程:
2017年1月14日(土)15日(日)

開演時間:
14日(土)15:00/19:00
15日(日)14:00/18:00
会場:吉祥寺櫂スタジオ
料金:2,000円(前売・当日同料金)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)
※ リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます。
※ 上演時間:80~85分予定

チケットご予約Webフォーム

作・演出:立夏
出演:手塚優希 小林龍二 きえる 雑賀玲衣 田澤遵 中野皓作(人体色彩画廊I'NN)
照明:伊藤将士
音響:阿部健司(MUGEN☆PROJECT)
カトリエという名の女がいる。カトリエは固定局用無線機のある家に住み、アマチュア無線を趣味としている。香炉という男が彼女の「犬」として契約し同居している。彼は心臓に病気があり一日一回薬を飲まなければ生きていけない。カトリエの家の近くには永遠という名の女が暮らしている。カトリエとは高校のときからの幼なじみだ。彼女はカトリエの言うことなら何でも聞く。「詩子のこと」があるからだ。さて、今日もカトリエの無線がとある電波を傍受した。それは彼女が最も愛する夕日という名の男、彼の電話の音声だ。カトリエは耳を澄ましている。笑っている。しあわせなのか。私には分からない。そして私の隣には女性がいる。名前は「詩子」── 彼女には「悪意」があった。
第十一回公演は獣の仕業の新境地。
くせ者6人が繰り広げる苛烈で過激で純粋な「悪意」にまつわる群像劇。
PR

【盗聴本番直前連載】出演者紹介その5:手塚優希


これはいいてづか。

 立夏です。
 さて、獣の仕業「盗聴」[The Play]上演まであと3日です。3日ですって…。

 先日から「本番直前連載」と銘打って出演者紹介をはじめました。上演初日前日までに全員紹介しきる所存です。五十音で紹介しています。何とかなりそうな気がしてきました。何事もやってみるものですね。

 まずはバックナンバーの紹介です。
 さあさあお待たせしました。お待たせしましたか?
 第五回は「盗聴」が筆頭、「手塚優希」がいよいよ登場です。
 刮目せよ!


腹の立つ顔をしています。

 彼女が最後に獣の仕業に出演したのは「2015年5月」のd-倉庫出口なしフェスティバル。今自分で書いていて「そんなに前なのかよ」と思いました(そもそも獣の仕業が2016年は上演がないというのもあるのですが)。

 この期間に気付かされたことは「獣の仕業の手塚ファン」という方々がいらっしゃって、その方達はなんというか…その「組み合わせ」を気に入ってくださっているようなのです。
 ええ、ありがとうございます。
 ようやくご覧いただけると言うことで私自身も嬉しく思います。



 ところで私見ですが、女優としての彼女の中にはいろいろな「すき」があって、それぞれにそれぞれの魅力や役割を認識して「これもすき、そしてあれもすきだ」という認知になっているんだろうなというか、私は彼女のそういう多面的なところがいいなと思っているし助けられてきました。

 そして久し振りの獣……からの主演抜擢。

 実は獣の仕業として彼女を主演にするのはこれがはじめてです。第十一回目になるまで彼女を主役で書いたことはなかった。彼女は演劇人生これで主役が二回目だそうです。

「一回目は?」と聞いたら
「大学の卒業公演」と彼女は答えました。

 それは私が作・演出をしたヤツだね…

 ということで今後も私は、この世で唯一手塚優希を主演で作品を作る人間としての誇りを持って生きていこうと思いました。

 当然気合いも入ります。ですから演出の自分としては、だいぶ口うるさくヤンヤ言い続けていますが手塚さんらしい根性を見せ続けてくれています…。



 そんな彼女、稽古場では持ち前のウザさを発揮し休憩中はみんなにやっかまれ、帰り道では持ち前のおしゃべりのつまらなさを発揮しもっぱら私の反感を買っています。

 しかし彼女は毎日、強く生きているのです。

 そんな彼女の魂に捧げる歌、それが獣の仕業第十一回公演「盗聴」[The Play]
 女優手塚の生き様、みなさま見に来てください。

 捨て身のリアリティ、これこそが「The Play」!



※ この手塚はフィクションです。




 まだまだご予約受け付けております。
 回によっては残り僅かですのでご観劇予定がおきまりの方は、ご予約フォームからご希望の回のご予約をオススメいたします!

残席状況(1月11日現在)

1/14土
15:00…△
19:00…○
1/15日
14:00…○
18:00…○
◎○…残席あり/△…残り僅かです
※全ステージ増席いたしました。皆様のご予約心よりお待ちしております。


獣の仕業 第十一回公演

盗聴 [The Play]

日程:
2017年1月14日(土)15日(日)

開演時間:
14日(土)15:00/19:00
15日(日)14:00/18:00
会場:吉祥寺櫂スタジオ
料金:2,000円(前売・当日同料金)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)
※ リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます。
※ 上演時間:80~85分予定

チケットご予約Webフォーム

作・演出:立夏
出演:手塚優希 小林龍二 きえる 雑賀玲衣 田澤遵 中野皓作(人体色彩画廊I'NN)
照明:伊藤将士
音響:阿部健司(MUGEN☆PROJECT)
カトリエという名の女がいる。カトリエは固定局用無線機のある家に住み、アマチュア無線を趣味としている。香炉という男が彼女の「犬」として契約し同居している。彼は心臓に病気があり一日一回薬を飲まなければ生きていけない。カトリエの家の近くには永遠という名の女が暮らしている。カトリエとは高校のときからの幼なじみだ。彼女はカトリエの言うことなら何でも聞く。「詩子のこと」があるからだ。さて、今日もカトリエの無線がとある電波を傍受した。それは彼女が最も愛する夕日という名の男、彼の電話の音声だ。カトリエは耳を澄ましている。笑っている。しあわせなのか。私には分からない。そして私の隣には女性がいる。名前は「詩子」── 彼女には「悪意」があった。
第十一回公演は獣の仕業の新境地。
くせ者6人が繰り広げる苛烈で過激で純粋な「悪意」にまつわる群像劇。

【盗聴本番直前連載】出演者紹介その4:田澤遵


ダーティー

 立夏です。
 さて、獣の仕業「盗聴」[The Play]上演まであと4日です。よっか…。

 先日から「本番直前連載」と銘打って出演者紹介をはじめました。上演初日前日までに全員紹介しきる所存です。五十音で紹介しています。まずはバックナンバーの紹介です。 第四回は「田澤遵」です。元気出して行きましょう。



 彼は獣の仕業の公演には五回目の登板です。「群集~(初演)」「せかいでいちばんきれいなものに」「オセロ」「瓦礫のソフィー」
 
 3回目…4回目くらいまではまだまだ芝居経験が…的な申し送りも立ちましたが五回目となればもう立派な演劇戦士ですよ。ねえ、田澤さん…?
 


 
 さて、現在の彼を語るにあたりどうしても避けられない話題があるため今回はその話をしたいと思います。
 彼は、自身の年齢が三十を超えたところからある決心をしました。
 
「いいカラダになろう」

 ぽっちゃり系男子として可愛らしい魅力を武器としていた男が一念発起、猛烈な筋トレとランニングを開始したのです。その結果…


 
 おめでとうございます!
 
 
 彼は現在「獣の仕業の筋肉の奴隷」の名を欲しいままにしております。生まれ変わった鋼の肉体に生来のあたたかな人間味と知性が搭載され、正に「スーパーマン」です。


 
 カッコイー(きえるの心の叫び)
 
 
 そう、彼の一番の魅力はカッコイイことです。これは決して見た目だけのことではありません。仕草、言葉遣い、価値観、人とのコミュニケーション、魂──その全てを総合して人は彼にこう言葉を投げかけるのです。
 
「田澤さん、カッコイイ」



 カッコイー(雑賀の心の叫び)

「盗聴」座組も皆一様に彼に惚れています。男とか女とか関係ありません。カッコイイは性別を超えますから、手塚さんも雑賀さんもきえるさんも中野さんもみんな惚れています。小林だけが唯一、田澤さんに嫉妬の炎を燃やしているとか、燃やしていないとか。


 最近日常に刺激が足りない…とお悩みのあなた、是非今週末吉祥寺櫂スタジオへ。いつもよりダーティーで危険な魅力の田澤さんが仕上がりました。ぜひ惚れにきてください。

 皆様のご来場、心よりお待ちしております!



 ※ ただし、彼が愛しているのはただ己の筋肉のみです。ご了承ください。





 まだまだご予約受け付けております。
 回によっては残り僅かですのでご観劇予定がおきまりの方は、ご予約フォームからご希望の回のご予約をオススメいたします!

残席状況(1月11日現在)

1/14土
15:00…△
19:00…○
1/15日
14:00…○
18:00…○
◎○…残席あり/△…残り僅かです
※全ステージ増席いたしました。皆様のご予約心よりお待ちしております。


獣の仕業 第十一回公演

盗聴 [The Play]

日程:
2017年1月14日(土)15日(日)

開演時間:
14日(土)15:00/19:00
15日(日)14:00/18:00
会場:吉祥寺櫂スタジオ
料金:2,000円(前売・当日同料金)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)
※ リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます。
※ 上演時間:80~85分予定

チケットご予約Webフォーム

作・演出:立夏
出演:手塚優希 小林龍二 きえる 雑賀玲衣 田澤遵 中野皓作(人体色彩画廊I'NN)
照明:伊藤将士
音響:阿部健司(MUGEN☆PROJECT)
カトリエという名の女がいる。カトリエは固定局用無線機のある家に住み、アマチュア無線を趣味としている。香炉という男が彼女の「犬」として契約し同居している。彼は心臓に病気があり一日一回薬を飲まなければ生きていけない。カトリエの家の近くには永遠という名の女が暮らしている。カトリエとは高校のときからの幼なじみだ。彼女はカトリエの言うことなら何でも聞く。「詩子のこと」があるからだ。さて、今日もカトリエの無線がとある電波を傍受した。それは彼女が最も愛する夕日という名の男、彼の電話の音声だ。カトリエは耳を澄ましている。笑っている。しあわせなのか。私には分からない。そして私の隣には女性がいる。名前は「詩子」── 彼女には「悪意」があった。
第十一回公演は獣の仕業の新境地。
くせ者6人が繰り広げる苛烈で過激で純粋な「悪意」にまつわる群像劇。

盗聴稽古場日誌:1/7


撮れ高が少ない雑賀玲衣。

 立夏です。
 出演者紹介連載も始まりましたが稽古場日誌も続いてます。もう意地です。意地で書いています。

 今週は上演前の最後の稽古。俳優も一段も二段もギアをあげて集中してやっていきます。
 この日も稽古は…
 かなり色んなシーンが生まれ変わりました。

 地味にコツコツやっていた稽古が、ついに花開いた……

 や、まだまだ、updateやめません、どんどん、
 そういう、更新をやめないことが、演劇を、舞台を、いつまでも新鮮なモノにするんだ、そうおもっています。

 一回性の、一期一会の、演劇と言うフォーマット。
 お客様に一番新鮮な状態でお届けします。


手塚さんはシャイ。


病み上がりの女性とその付き添いの男性




 まだまだご予約受け付けております。
 回によっては残り僅かですのでご観劇予定がおきまりの方は、ご予約フォームからご希望の回のご予約をオススメいたします!

残席状況(1月8日現在)

1/14土
15:00…△
19:00…○
1/15日
14:00…○
18:00…◎
◎○…残席あり/△…残り僅かです


獣の仕業 第十一回公演

盗聴 [The Play]

日程:
2017年1月14日(土)15日(日)

開演時間:
14日(土)15:00/19:00
15日(日)14:00/18:00
会場:吉祥寺櫂スタジオ
料金:2,000円(前売・当日同料金)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)
※ リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます。
※ 上演時間:80~85分予定

チケットご予約Webフォーム

作・演出:立夏
出演:手塚優希 小林龍二 きえる 雑賀玲衣 田澤遵 中野皓作(人体色彩画廊I'NN)
照明:伊藤将士
音響:阿部健司(MUGEN☆PROJECT)
カトリエという名の女がいる。カトリエは固定局用無線機のある家に住み、アマチュア無線を趣味としている。香炉という男が彼女の「犬」として契約し同居している。彼は心臓に病気があり一日一回薬を飲まなければ生きていけない。カトリエの家の近くには永遠という名の女が暮らしている。カトリエとは高校のときからの幼なじみだ。彼女はカトリエの言うことなら何でも聞く。「詩子のこと」があるからだ。さて、今日もカトリエの無線がとある電波を傍受した。それは彼女が最も愛する夕日という名の男、彼の電話の音声だ。カトリエは耳を澄ましている。笑っている。しあわせなのか。私には分からない。そして私の隣には女性がいる。名前は「詩子」── 彼女には「悪意」があった。
第十一回公演は獣の仕業の新境地。
くせ者6人が繰り広げる苛烈で過激で純粋な「悪意」にまつわる群像劇。

【盗聴本番直前連載】出演者紹介その3:雑賀玲衣


VOGUEの表紙でしょうか。いいえ、雑賀玲衣です。

 立夏です。

 さて、獣の仕業「盗聴」[The Play]まであと6日です!!

 昨日から「本番直前連載」と銘打って出演者紹介をはじめました。上演初日前日までに全員紹介しきる所存です。五十音で紹介しています。まずはバックナンバーの紹介です。
「き」「こ」と来まして次は「さ」…そう「雑賀玲衣」です。綺羅星ルーキーのごとく入団した彼女も今やいぶし銀の大女優です。




 さて、お客様は雑賀玲衣についてどんなイメージを持っていますか?

 色気のある美人女優?



 オーラのある女性?



 迫力のある度胸のある女優?



 かわいさのある女優?


 うーん…
 どれも、正解です。でも、きっとどれも、ちょっとだけ違う…のかもしれません。

 私は最初は雑賀に会ったときには「明るくて可愛いなあ元気だなあ」と思っていて、途中から「あれ意外と引っ込み思案なのかな」と思って、でも最近はなんというか…
 もしかして…性格が…あれ、悪い…あ、いや、多分気のせいです雑賀に限ってそんなことはないはずです。



 がおー!

 去年の下半期から三本連続の客演行脚に「がんばります!!」と意気揚々、稽古が始まると途端に自信ガナイヨーできないヨードーシヨーと泣き言をいいながら七転八倒、心配しながら本番を見に行くと別人かのような大女優の貫禄、すべてを追っかけている私は情緒が不安定になります。
 統一感のなさ、振れ幅の激しい喜怒哀楽。
「一体どれが本当の雑賀なのか…」と…。



 この振幅が雑賀の女優としての魅力です。
 全部ウワバミのように飲み込んで取り込んで、雑賀まみれにして出力する濃い味。

 獣の殿が小林龍二なら、今やきっての先陣。どんどん獣の旗を振って欲しいと思っています。今の雑賀玲衣は、本当に見て欲しい。すごくいい。みてください。

 皆様のご来場、心よりお待ちしております!



獣の仕業 第十一回公演

盗聴 [The Play]

日程:
2017年1月14日(土)15日(日)

開演時間:
14日(土)15:00/19:00
15日(日)14:00/18:00
会場:吉祥寺櫂スタジオ
料金:2,000円(前売・当日同料金)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)
※ リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます。
※ 上演時間:80~85分予定

チケットご予約Webフォーム

作・演出:立夏
出演:手塚優希 小林龍二 きえる 雑賀玲衣 田澤遵 中野皓作(人体色彩画廊I'NN)
照明:伊藤将士
音響:阿部健司(MUGEN☆PROJECT)
カトリエという名の女がいる。カトリエは固定局用無線機のある家に住み、アマチュア無線を趣味としている。香炉という男が彼女の「犬」として契約し同居している。彼は心臓に病気があり一日一回薬を飲まなければ生きていけない。カトリエの家の近くには永遠という名の女が暮らしている。カトリエとは高校のときからの幼なじみだ。彼女はカトリエの言うことなら何でも聞く。「詩子のこと」があるからだ。さて、今日もカトリエの無線がとある電波を傍受した。それは彼女が最も愛する夕日という名の男、彼の電話の音声だ。カトリエは耳を澄ましている。笑っている。しあわせなのか。私には分からない。そして私の隣には女性がいる。名前は「詩子」── 彼女には「悪意」があった。
第十一回公演は獣の仕業の新境地。
くせ者6人が繰り広げる苛烈で過激で純粋な「悪意」にまつわる群像劇。