忍者ブログ

獣の仕業のしわざ

劇団獣の仕業のブログです。 日々の思うこと、 稽古場日誌など。

「象」上演直前!出演者紹介その2: 立夏



 立夏です。
 いよいよThe Out of Beast 2018「象」の上演が来週末(9月7日~9日)にせまってまいりました。
 本番直前なので、俳優紹介をしていきたいと思います。


 
 次は…わたくし立夏です。
 
 なんだが自分のことを書くのは非常に照れくさいのですが、せっかくなんでちょっとばかり書いてみましょうかね……。
 
 わたくし、巷では今回の「象」で「獣初出演」とされておりますが、実は一度これより前に獣の舞台には立ったことがあります。
 第二回公演「女は鎖、男は愛を潰す」です。
 第一回公演~第三回公演については、見た方がほとんどいないので、この事実を知っている方はほとんどいないのではないかなと思います。実はこの公演、小林龍二作演出、立夏は出演のみ、という体制でございました。なつかしいですね。
 
 その第二回公演が今から九年前のことになりますので、今回の出演については「約九年振りの出演」であります。そのフレーズだけ聞くとまるで活動休止していた人のような言葉です。ずっとやってたんですけどね、作・演出で。


 
 そしてその第二回公演の上演が終わった直後からのことです。私たちが「獣の仕業は何をもって獣の仕業であるか」──いわゆる「団体のカラー」というものを、強く意識するようになったのは。
 
 つまり、もっとはっきりと書いてしまうと「第二回公演はその作品が良質だったかそうでなかったかに関わらず"獣の仕業の演劇"と銘打ってよかったのかどうか」「獣の仕業はどんな作品を製作する団体になりたいのか、なっていくべきか」ということを、私達は話し合ったのです。
 
 その結果、以降の公演において、獣の仕業の現在の特徴である身体性や俳優同士のシンクロを強調した作風がより強化されていくことになります。
 
 
 このときの話し合いは控えめに言って混迷を極めましたし、当時の自分の未熟さは今でも昨日のように思い出され、ほんっとうに恥ずかしさで胸がいっぱいになります。それと同時にあのとき考えたことや思いがなければ、今の獣の作風はなかったといっても過言ではないくらい濃密で掛け替えのない時間でした。


 
 あれから、九年が経ちました。
 
 私は今でも「獣の仕業の芝居の本当の姿」を探し求めています。
 
 でも九年前とは少しずつ取り組み方は変わってきていて。あのとき考え抜いた獣の仕業の作風を、上演を繰り返すごとに少しずつ外していっているのがここ二~三年の動きなのです。どこまで外しても獣が獣でいられるのかを確認するために。最後に残ったものが「獣の仕業を担保する最小要素」なのだということを知るために。
 
 さて、九年前話したことのひとつに、こんなことがあります。
「立夏は出演をせず、演出に特化することが、獣を担保する条件だと思う」
 
 今回、外す要素は、これです。
 九年越しの、再挑戦。しかも、演出と出演の兼務は演劇人生初です。いやー大変ですね。兼務の皆さんを改めて尊敬します。稽古場では手塚さんと小林さんにかなり助けてもらっています。
 
 出演はまたいつか挑戦したいと、数年前から思っていました。でも、団体と何より自分の演劇人としての経験値や自分のキャパを客観的に考えたときに、これまではGOが出せませんでした。けれど、今ならできるんじゃないか、と今年思えるようになりました。獣の芝居の履歴を十年積み重ねた今なら、獣の仕業の作風を守りながら自身が獣の俳優としても貢献できるタイミングが来たのではないか……
 
 そんな気持ちで、出演しています。
 
 獣の俳優としては初心者ですが、世界で一番獣の仕業のことを考えた時間は長い自信があるので皆さん、ぜひご覧ください。
 色々書きましたが、私は獣の仕業への出演はこれからも原則いたしませんので、ご興味もっていただけた方は、この機会をお見逃しなきようお願いいたします!
 
 ※ 自分の紹介記事なのに長くてごめんなさい。ほとんど劇団全体の話なので許してちょんまげです。


(てづかさん)
 
 
 公演は来週9/7(金)~9/9(日)です。
 以下のカルテットオンラインからご予約をお待ちしております。
「象」チケット予約フォーム
 


 

The Out of Beast 2018「象」




作:別役実(三一書房「別役実戯曲集」より)
演出:立夏
出演:手塚優希 立夏 小林龍二

 とある病院。そこには背中に被爆痕のあるひとりの病人が入院している。
 病人は日々歩く練習をしている。病人の夢は、自分の足でもう一度あの街に行くことである。自分の被爆痕を人目に晒すために。
 見舞いにやってくる病人の妻と甥も同じく被爆者であるが、彼らはそのような野心は持ち得ない。
 
 男は叔父の被爆痕を、むしろ憎んでいた。男は何もせず、ただ静かに暮らしていたかったのだ──
 
 ──敗北を強いられた人々の悲しみと孤独をさりげない手触りで描いた別役実初期代表作。

 

○日時:


2018年9月7日(金)~9月9日(日)
9/7(金) 20:00
9/8(土) 14:00/17:00/20:00
9/9(日) 14:00/17:00

○料金:


2,000円(前売・当日ともに)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)

・上演時間:65~70分
・受付開始・開場は開演30分前
・小学生未満のお子様のご入場はご遠慮ください
・開演10分前を過ぎますとキャンセル待ちのお客様を優先してご案内致しますので、お席の確保ができない場合がございます。お時間には余裕を持ってお越しください
・リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます

○チケットご予約:


ご予約はWebフォームからのご予約が便利です。
メール・電話でも受けつけております。いずれのご予約方法の場合にも当日会場受付でのお支払です。

Webフォームから予約する(カルテットオンライン)


https://www.quartet-online.net/ticket/elephant
必要事項を入力の上「登録」をしてください。

電話またはメールから予約する


・09027509136
・swz★live.jp(★を@に変えてください)
お名前(フリガナ)、ご連絡先、ご予約日時、枚数をご連絡下さい。

○会場:


レンタルスペース+カフェ「兎亭」
(練馬区旭岡1-46-12エイケツビルB1)
・西武池袋線「江古田」駅より徒歩7分
・都営大江戸線「新江古田」駅より徒歩13分
※ 会場には駐車場・駐輪場はございません。公共交通機関をご利用いただくか近隣の有料駐車場・駐輪場をご利用ください
PR

「象」上演直前!出演者紹介その1: 手塚優希



 立夏です。
 いよいよThe Out of Beast 2018「象」の上演が来週末(9月7日~9日)にせまってまいりました。
 本番直前なので、俳優紹介をしていきたいと思います。
 
 まずはこの方。手塚優希!


 
 2017年1月の「盗聴」[The Play]から約1年半振りの出演となる手塚さん。連続でキャストクレジットの先頭になったことがある俳優は、今まで小林さんだけだったので、ちょっと感慨深いものがあります。
 
 彼女は、なんとも愛情深い演技をする方です。台詞ひとつひとつに責任感を感じます。本人自体もとても愛のある人間だと思っていて、そんな彼女の良さをもっと引き出せれば……というところで今稽古に励んでおります。



 今回は、手塚さんの獣出演史上初となる「男役」に挑戦です。パチパチパチ! 見た目も性格も女性らしいためか、獣以外の舞台を含めても男性の役柄をしたことは数えるほどしかないそうです。
 
 いや、……いいんじゃないですか? すごく、男役、合うと思います。
 
 愛情深いのと同時に演技に迫力があるので、男性的なパワーを出すのもお手の物ってかんじです。
 手塚さんファンの皆様、ぜひご覧になってくださいね。
 そして、演劇関係者の皆様におかれましてはぜひ手塚さんに男役のオファーも! どしどしお待ちしております!(劇団員の売り込み)
 

 余談なのですが、手塚さんはすごく普段のおしゃべりに特徴があって、なんとも間が悪いというか、「じゃあこの話題はそのへんで」って雰囲気のときにずっと喋っていたりとか、あとは話題のチョイスが変というか、たとえば稽古場にいる私と小林どちらかが(あるいはどちらも)知らない人の話をずっとしていたりとか、なんというか、どうして芝居はできるのに普段のトークがドヘタなんだろうってすごく不思議です。
 ただ、そうじゃなくなったらもはや手塚ちゃんじゃない気がするので、個性って大事だよね!
 
 
 
 
 公演は来週9/7(金)~9/9(日)です。
 ご興味持っていただけた方は以下のカルテットオンラインからご予約をお待ちしております。
「象」チケット予約フォーム
 
The Out of Beast 2018「象」


作:別役実(三一書房「別役実戯曲集」より)
演出:立夏
出演:手塚優希 立夏 小林龍二

 とある病院。そこには背中に被爆痕のあるひとりの病人が入院している。
 病人は日々歩く練習をしている。病人の夢は、自分の足でもう一度あの街に行くことである。自分の被爆痕を人目に晒すために。
 見舞いにやってくる病人の妻と甥も同じく被爆者であるが、彼らはそのような野心は持ち得ない。
 
 男は叔父の被爆痕を、むしろ憎んでいた。男は何もせず、ただ静かに暮らしていたかったのだ──
 
 ──敗北を強いられた人々の悲しみと孤独をさりげない手触りで描いた別役実初期代表作。
 
○日時:
2018年9月7日(金)~9月9日(日)
9/7(金) 20:00
9/8(土) 14:00/17:00/20:00
9/9(日) 14:00/17:00

○料金:2,000円(前売・当日ともに)
 リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)

・上演時間:65~70分
・受付開始・開場は開演30分前
・小学生未満のお子様のご入場はご遠慮ください
・開演10分前を過ぎますとキャンセル待ちのお客様を優先してご案内致しますので、お席の確保ができない場合がございます。お時間には余裕を持ってお越しください
・リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます

○チケットご予約:
ご予約はWebフォームからのご予約が便利です。
メール・電話でも受けつけております。いずれのご予約方法の場合にも当日会場受付でのお支払です。

Webフォームから予約する(カルテットオンライン)
「象」チケット予約フォーム
必要事項を入力の上「登録」をしてください。

電話またはメールから予約する
・09027509136
・swz★live.jp(★を@に変えてください)
お名前(フリガナ)、ご連絡先、ご予約日時、枚数をご連絡下さい。

○会場:
レンタルスペース+カフェ「兎亭」
(練馬区旭岡1-46-12エイケツビルB1)
・西武池袋線「江古田」駅より徒歩7分
・都営大江戸線「新江古田」駅より徒歩13分
※ 会場には駐車場・駐輪場はございません。公共交通機関をご利用いただくか近隣の有料駐車場・駐輪場をご利用ください

お久しぶりに~10年目から獣の外側へ~

こんにちは。
The Out of Beast 2018「象」。9月7日の初回に向けてモリモリ稽古しております。
ということで、ご無沙汰しております。小林です。もう、何年ぶりの投稿になりますでしょうか。昔なんて、芝居に関係なく、例えば電車の中の外国人の会話なぞを書いていたものです。

それから早10年。皆さま、これをご覧いただいているお越しくださるお客様にスタッフの皆さま、そして獣に出てくださった皆さま、応援してくださっている皆々様のおかげで、10年目を迎えることができました。

獣のしわ、
(↑「ざ」抜くとこうなります)


経ちました10年、獣の仕業。獣の仕業、は、The Act of Beastと格好よく名乗るものです。「りんごアップル」よろしくです。そんな名前を、今回は変えています。ただの「番外公演」という意味とも違い、「獣の仕業」の、芝居のアイデンティティを剥がすという試みがあります。

それは否定ではなく、また新しくリスタートしようじゃないの、というものだと私は理解するものです。たとえば大学でやっていた芝居、獣の仕業を立ち上げてからの第1回、そしてそのあとに構成されてきた獣の仕業、らしさ。アイデンティティ。それを根っこに、また新たな姿になるように、そうです、モリモリしているのです。

今回は、主役を手塚優希が、そしてそして自団体では初となる立夏も出演する「象」。
これは別役実さんが学生の時に初めて書いた、実質的な処女作で、後年の「病気」や昨今に雑賀玲衣と二人芝居をした「門」ともまた違う作品。当たり前に試行錯誤などしながらつくり上げています。

稽古は、先々週にある程度の演出がつけ終わり、先週からは「止め通し」なるものを進めています。これは、一本一気に通すのではなく、じわじわ、じわじわ、一歩ずつ芝居を精緻につくり上げていくことです。昔は、特に粘着質な立夏で、徹底的に突き詰めてやっていたものです。それは、まだアイデンティティが出来ていないような時期だったからでしょう。。

今週末には「モリモリ通し」をやります。「モリモリ通し」というのは今つくった言葉ですので、私も何を指しているのかわかりませんが、通しをモリモリやる予定です。・・・モリモリとは?


本番まで、残り2週間です。わー言葉に出すと緊張してきましたよ!いつもながら、全員で励んでいきます。

あ。宣伝の動画です。youtubeに上がっておりますのでどうぞご覧くださいませ。

獣の仕業 こばやし


公演特設ページやご予約はこちら

獣の仕業 The Out of Beast 2018「象」まもなくです!




遅ればせながら2018年のご挨拶と次回公演のお知らせ


 昨年は大変お世話になりました。

 昨年は「盗聴」「門」「脱走者」「炎天」と四作品上演することができ、皆様のご支援のお陰と思っております。そのせいか特に炎天前後がバタバタしておりブログの更新はすっかり滞ってしまいました……。
 
 年も変わりましたので心機一転また、こちらでも情報を発信再開していきたいと思っております。



 獣の仕業の2018年の公演予定につきまして、まもなく発表予定です。本年は二作品上演の予定があります。決定次第こちらのブログ、ホームページおよび劇団のTwitterでお知らせいたします。
 今しばらくお待ちいただけましたら幸いです。

 ホームページの更新などが遅れてしまっておりますがそちらも現在準備中です。

 本年も獣の仕業をよろしくお願いいたします。

  立夏 拝

 # 写真は第十二回公演「炎天」です。


【獣の仕業】「炎天」倉島聡降板と川原翔登板についてのお知らせ

11月25日(土)~11月26日(日)に上演される獣の仕業第十二回公演「炎天」[The Over] に出演を予定しておりました倉島聡について、体調不良のため降板となりました。

 倉島聡の出演および彼を含む四名での公演を楽しみにしていたお客様、いつもご声援くださっている皆様にはご心配とご迷惑をお掛けすることとなり深くお詫び申し上げます。

 今回の結論にいたるまでには本人とも話し合いをいたしました。
 劇団としても、彼と作品を作ることをとても楽しみにしておりました。
 しかし、稽古の続行および本番での体調の担保が困難だろうということ、そしてなにより本人が一刻も早くよくなることを一番とし、このような結論を出しました。

 なお、現在彼の体調は回復傾向にあるようです。
 早く元気になってくれることを心から願っています。
 
 代役として、川原翔が登板いたします。
 以前salty rockで私が演出をした際に出演していた俳優です。

 良い作品をお客様にお届けできるよう、キャストスタッフ一同、より一層の精進をして参りますので今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 2017年11月27日
 獣の仕業 立夏



チケットのご予約およびキャンセルについて以下に記載いたします。

■チケットご予約■
https://www.quartet-online.net/ticket/theover
※ご予約のキャンセル・変更につきましても上記のURLからおこなえます。
 上記のページの[予約変更/キャンセルはこちら]ボタンをクリックしてください。




獣の仕業 第十二回公演「炎天」
The Act of Beast 12th Stage [The Over]
「李雨」という女が殺された。李雨の弟の「秋鹿」は喪主の挨拶でバスの中で見た犬の話を繰り返し喋っている。李雨を殺した秋鹿のピアノ講師である「知花」は取調室で李雨自身から殺人の動機について尋ねて欲しいと懇願している。李雨のかつての恋人であった「白草」は李雨の留守電へ向かって、自分が作った曲の説明をしている。李雨という女が死んでも、彼らのお喋りは止まることがない。李雨は鬱陶しそうに立ち上がり、彼らの胸ぐらを掴んで怒鳴り散らした。「私はもう人間じゃないんだ。つまりは電柱だ、冷水器だ、フルートだ。 だからあなたたち、もういい加減私に向かって喋るのをやめたらどうです」獣の仕業「超過剰」総結集。 苛烈な発話と過剰な身体で七転八倒する生命力に満ちた・でたらめことばの鎮魂歌。
日時:
2017年11月25日(土),26日(日)
25日(土)15:00/19:00
26日(日)14:00/18:00
料金:2,000円(前売・当日ともに)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)

※上演時間:約80~85分
※受付開始・開場は開演の30分前です
※開演10分前を過ぎますと,キャンセル待ちのお客様にご入場いただきます  お席の確保が出来ない場合がございます.お時間には余裕を持ってお越しください
※リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます


脚本・演出:立夏
出演:雑賀玲衣 川原翔 伊織夏生(salty rock)小林龍二
音響:阿部健司(MUGEN☆PROJECT)
照明:寺田香織

【メールまたはお電話でのご予約】
MAIL: swz@live.jp
TEL : 090-2750-9136

会場:西荻窪遊空間がざびぃ