忍者ブログ

獣の仕業のしわざ

劇団獣の仕業のブログです。 日々の思うこと、 稽古場日誌など。

靴ずれは相変わらず…

こんにちは。小林です。
あと一週間足らずでクリスマスなのに暖かいですね。雪なんて降りようがありません。そうすると、サンタは厚着のし過ぎだろう。ウォーム・ビズのつもりか。
彼が大概煙突に入ろうとするのは、基本的に暖をとるためでしょう。
入る前はガクガクして(さながら携帯のバイブ)
「しばれるっぺ」(さながら着信ボイス)
と言ってNPO的な活動をするのでしょう。
あぁ…。潰えた夢。


昨日は飯田橋の名画座でタナダユキ監督の「百万円と苦虫女」とサタケミキオ監督の「同窓会」を観ました。どちらの監督もカタカナなのは偶然だろうか。
「同窓会」は、新進の監督なのか多少荒削りの部分が目についたけれど、ボロボロ泣いてしまった。
「バベル」とか「善き人のためのソナタ」が好きで、泣かせるための映画とかはあまりなんですけど、でもなんか、こう、切なくて……はい。とにかくすいませんでした。でも「シンプソンズ」が好きです。ホーマーが特に。

では、今日はほんわかにここまでで。
おやすみなさい。
PR