忍者ブログ

獣の仕業のしわざ

劇団獣の仕業のブログです。 日々の思うこと、 稽古場日誌など。

なんだかんだ今日も寒いです。

こんにちは。小林です。

昨日は結局雪が積もることもなく、とてつもない寒さでガタガタ震えておりました。はしゃぐなんてとんでもない一日でした。

昨日の夕方、飯田橋の名画座で「グーグーだって猫である」と「転々」を観に行こうと外に出たのですが、あまりにも寒くて、「凍えて神田川で発見されても知らないよ」という声や「最終日だから行っても立ち見だよ」という声が脳内から響いてきて結局諦めました。

と今日、ある人のブログを読んで、もしかすると行かなくてよかったのかも知れないと思いました。きっと恐縮してしまいます。


今日は昨日とは違って、ある程度寒さが弱まりました。日が出ているせいでしょうか。
でも昨日と比べて風がびゅんびゅん吹いていて、日向は若干ポカポカなのに対して日陰はヒエビエ~で、まるでヒマワリのように太陽を求めて歩いていました。

今日は家に財布を忘れてしまい、いつもはするコーヒーブレイクができなくて、更に空腹に喘いでおります。以前に「一日中飯を食わないとどうなるのか」を実施したとき、夕方くらいになってお腹がチクチク痛み出して「盲腸か!」と思い、とにかく家に帰らなくてはとフラフラヨタヨタと帰ったことがありました。
家に着いて「盲腸かも知れん。」と告げると「え、何食べたの?」「いや、何も」「じゃあコレ」とバナナを差し出されたので、剥いて食べました。しばらくは何も変わりませんでしたけど、10分後、あら不思議。通常の空腹感がするじゃありませんか。結局その日はご飯を三膳食べました。くだらないことを無理にするこたぁないですね。

盲腸で思い出しましたけど、あれは食べ合わせがいけないとなるというような話を聞きます(天ぷらと氷、とか、鰻と梅干し、とか)。真偽が分からないので試してはいないのですが(怖いので)、どうやら鰻と梅干しは嘘のような感じです。
実はこの前父が鰻に梅肉を試しに塗って食べたそうです。すこぶる美味しくて「こりゃあどんどん食べちゃうね」と思ったそうです。もしかしたら、食べ過ぎてしまうことで盲腸になってしまうのかも知れません。それとも、あまりにも美味しい食べ方だから、あまり贅沢をしないようにということで生まれたただの迷信なのかも知れません(なんだか昔観た狂言の「附子」を思い出します)ですが、今回はたまたま無事だったというだけかも知れません。

何はともあれ、一度は食べてみたいものですが、やはり怖いですね。これをお読みの方々、もしお試しになるなら、一度ブックマークを削除するなどして、足が残らないようにしてください。決して「小林が…」と言ってはなりませぬ。
というか、食べない方がよいと思います。やはり怖いです。何が起こるか分かりません。そんな気持ちで食べては、どんなに美味しくても満足に味わえないことでしょう。それは勿体ないです。それなら普通に蒲焼きをとご飯を食べるのがよいと思います。

はぁ、こんな話をしたせいで空腹感が強くなりました。
もうだめだ!何か食べなきゃ!不思議のダンジョンのトルネコやらシレンの気分です。

最後にちょっと思ったんですけど「蒲」ってどういう意味があるのでしょうか…。蒲焼き、蒲団、蒲田、蒲鉾…。なんとなく共通点はシルエットが四角という気がしますが、蒲田はは…。夕飯を食べてから調べてみようと思います。


では、そんなこんなでさようなら。
PR