忍者ブログ

獣の仕業のしわざ

劇団獣の仕業のブログです。 日々の思うこと、 稽古場日誌など。

盗聴稽古場日誌:11/20(通し中の写真あり)



稽古初回通し、荒通しでした! 撮影:藤居幸一さん

 立夏です。
 この日はついに稽古場初回通し通称「荒通し」でした。
 こんなに早く通すのは獣史上初かも知れません。俳優陣の尽力あって無事に荒通しミッションコンプリートしました。





 まずは最後まで通せて良かった~と感慨に浸る…間はありません。これまでバラバラに稽古をしていたモノが繋がることで俳優陣もいろんな課題が見えてきたようです。
 演出にとっても通しは稽古をする上での重要な武器になります。
 これからこの動画を何度も繰り返し確認して演出のプランをもう一度考えます。





 この日はいつもお世話になっているカメラマンの藤居幸一さんが稽古場にきてくださいました。
 通しの写真を早くもいただいたので皆様にもシェアします。





 写真から気付くことも多数ありました。藤居さん、ありがとうございました!



 この日は凛子も来てくれました。衣装のプランニングをしてくれます。

 さて、荒通しも終わり獣の稽古もまもなく中盤戦です。
 
 チケットご予約受付開始しております。
 1/14,15(土日)4ステージのみです。
 ご予約はお早めにどうぞ!



獣の仕業 第十一回公演

盗聴 [The Play]

日程:
2017年1月14日(土)15日(日)

開演時間:
14日(土)15:00/19:00
15日(日)14:00/18:00
会場:吉祥寺櫂スタジオ
料金:2,000円(前売・当日同料金)
リピーター割引:1,000円(半券持参・要予約)
※ リピーター割引は本公演の半券のみご利用いただけます。
※ 上演時間:80~85分予定

チケットご予約Webフォーム

作・演出:立夏
出演:手塚優希 小林龍二 きえる 雑賀玲衣 田澤遵 中野皓作(人体色彩画廊I'NN)
照明:伊藤将士
音響:阿部健司(MUGEN☆PROJECT)

カトリエという名の女がいる。カトリエは固定局用無線機のある家に住み、アマチュア無線を趣味としている。香炉という男が彼女の「犬」として契約し同居している。彼は心臓に病気があり一日一回薬を飲まなければ生きていけない。カトリエの家の近くには永遠という名の女が暮らしている。カトリエとは高校のときからの幼なじみだ。彼女はカトリエの言うことなら何でも聞く。「詩子のこと」があるからだ。さて、今日もカトリエの無線がとある電波を傍受した。それは彼女が最も愛する夕日という名の男、彼の電話の音声だ。カトリエは耳を澄ましている。笑っている。しあわせなのか。私には分からない。そして私の隣には女性がいる。名前は「詩子」── 彼女には「悪意」があった。

第十一回公演は獣の仕業の新境地。
くせ者6人が繰り広げる苛烈で過激で純粋な「悪意」にまつわる群像劇。
PR